クレジットカード会社は還元率と使い勝手で選ぶのがポイント

どんなサービスを使いたいかによって、自分に合うクレジットカード会社を選択する時の選択肢が違ってきます。クレジットカード会社を選ぶ時には、効率的に使えるところにすることが大事です。自分に合ったクレジットカードの使い方をするには、付帯サービスの内容を確認し、使い勝手がよさそうなものを選択することが大事です。

日常的に買い物をする店が決まっていたり、愛用の通販ショップがある人は、そういったお店と関わりが深いクレジットカードにするとサービスが充実します。クレジットカードでガソリン代金の支払いができるなら、いつも同じお店に入って精算することで、割引率が高くなったり、手続きが便利になったりと、様々なメリットを考えることができます。

ポイント付帯サービスがついている場合、還元率は会社ごとにがらっと違います。利用金額に対する割合としてポイントがつきますので、お得になるかどうかは、クレジットカードの使い方にもよります。還元率が高いクレジットカードにしたほうが、買い物時にたくさんお金が入ります。ポイントの還元率は金融会社によって違っていますが、大きい場合で1%の利息がつきますのでお得です。

高い年会費を支払っている場合は、ポイントの還元率も高めになっているようです。どんな使い方が想定しているポイントなのかを調べることで、ポイントを増やす意味があるかがわかります。カタログを見て、景品とポイントを交換する方法は昔から一般的ですが、近年では精算時の割引に使えるクレジットカードもあります。

無印良品週間はマルイでエポスカードを使うとお得

コメントを残す