肌の保湿に効果のあるスキンケア方法

肌を保湿するなら、風呂から出た直後の乾燥気味の時が狙い目です。気持ちよくお風呂に入った後に、忘れてはならないのが肌の保湿です。人によってはお風呂に入っている時に保湿ケアを済ませていて、風呂場から出た時からの乾燥に備えています。身体の隅々まで保湿することは簡単ではありませんが、影響の出やすい顔の肌については保湿しておきたいものです。

肌へ水分を与えるために、化粧水で皮膚をひたひたにして、皮膚を潤します。皮膚の水分不足を改善するために、保湿成分を配合した美容液をまんべんなくつけます。乳液やクリームは最後に使って、水分が逃げていかないようにします。化粧水と美容液によって与えられた肌の潤いが逃げてしまうことを防ぐことができます。

毎日、化粧水をつけて、美容液を使うという習慣を確立することで肌の保湿力はアップしますが、毎日の作業なので飽きる人もいます。指の先に力が入るとお肌に負担になりますので、そっと触るようにして肌に化粧水を浸透させていきましょう。角質層を越えたより深いところに美容成分が届くというシステムは便利ですが、供給しすぎにはならないようにしましょう。

スキンケアをするタイミングは、洗顔直後や、入浴の後になります。特に入浴の後の皮膚は乾燥に弱くなっているので気をつけましょう。

【40代におすすめ】最強のスキンケアオールインワンジェル10選

コメントを残す