美容外科のレーザーによるしみ治療について

皮膚のしみを取り除きたい場合は、美容外科でレーザー治療を受けるという方法があります。肌は太陽の光を浴びると黒くなりますが、これは太陽光の中に存在している紫外線が皮膚に働きかけ、メラニン色素を増やすためです。太陽光に限らず、人間の皮膚は強い刺激を受けると刺激から皮膚を守るためにメラニン色素をたくさんつくります。

お肌のしみと、日焼けの成り立ちはよく似ていて、どちらもメラニン色素によってできています。日焼けの場合は肌がまんべんなく色濃くなりますが、しみはピンポイントで茶色になります。部分的に色が濃くなるしみは目立つものであり、濃さによってはメイクでも隠すことが困難です。

美容外科のレーザー施術で、しみを取り除いているという女性もいるようです。色素のある場所に熱を発生させるレーザーを当てるため、しみ以外の場所はレーザーの光の影響を受けません。ダメージを受けたしみの細胞は、時間の経過と共に皮膚から取れやすくなり、新しい皮膚の生成と共に排出されます。

メラニン色素の多い皮膚細胞が除去されて、作りたての皮膚が表に現れてきます。しみが剥がれることで出てくる肌はデリケートな状態なので、レーザー治療後は十分に肌をケアする必要があります。ダメージに弱くなっているので、レーザー治療した部分はサージカルテープなどで保護することが大事です。

【全身脱毛】名古屋で本当にオススメのサロンはここだ!